So-net無料ブログ作成

秩父夜祭 [イベント]

京都祇園祭、飛騨高山祭と並び、「日本三大曳山祭」また、「日本三大美祭」のひとつに数えられていて、3百有余年の歴史がある。 
また、最も知れ渡っている有名な伝説は武甲山の男神(蛇神・蔵王権現)と秩父神社の女神(妙見菩薩)が年に一度の逢瀬を楽しむというものである。男神には正妻がいて、神幸路の途中にある番場町諏訪神社の八坂刀売命であるとされる。
大祭の3日の午後6時半頃に、秩父神社から1kmほど離れた御旅所に向けて御神幸行列が出発し、6台の笠鉾・屋台がそれに続く。御旅所下の団子坂を笠鉾・屋台が曳き上げられる頃にクライマックスを迎える。

団子坂を上がりきったところに観覧スタンドが設置され、祭りのクライマックスを花火と一緒に楽しんだ。
宿泊は三峰神社へ、朝早く、お祓いを受け、身も心も引き締まる。
今年は3日が土曜日のため、週末で貴重な体験ができた。

秩父_0024.jpg
秩父_0051.jpg
秩父_0086.jpg
秩父_0120.jpg
秩父_0158.jpg
秩父_0186.jpg
秩父_0192.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。